ゲラチーの気まぐれ雑記

日々自分が思っていたことや考えたことを記録する日記

ミステリー シロテナガザルの出産

   f:id:gerati:20210312085348p:plain


当ブログに起こし頂き、ありがとうございます。

 

動物好きでミステリー好きのゲラチーです。

 

いや~、次回書く記事が無くて困ったなぁ~と、

頭を悩ませておりましたところ、

ワクワクするニュースの記事を見ました。

 

最近は、ブログを更新するのも書きたいことがある時だけに

なってしまっているので何日間,、あいだがあくのか?

自分でも分からないくらい、やる気がありません。笑

 

f:id:gerati:20210312083726j:plain

 

記事にいく前に、この話題の名前の九十九島という所について

少し紹介します。

 

ゲラチーは修学旅行で佐世保に行った時に、

写真にあるような風景を見ました。

 

その時に、バスガイドさんが言われておられました。

本当の島の数は分からないと。

 

そのことを思い出し、気になって調べてみました。

 

2001年の市民ボランティアによる調査の結果、

九十九島には208の島があると確認されました。

 

島の条件は2つで、

1,満潮時に水面から出ていること

2,陸の植物が生えていることです。

 

九十九島の島の数え方には、独自の決まりがあります。

 

満潮時には、上の方だけ3つに見えても、

干潮時は1つの島は、1つという数え方です。

 

九十九島の九十九とは、数えきれないほどたくさんの島があって

素晴らしいという意味です。

 

江戸時代中期にはこの呼び名があり、

古くから知られた景勝地だったことがうかがえます。

            (九十九島パールシーリゾート引用)

 

では、今日の記事いきます!

 

f:id:gerati:20210312074516j:plain

         出所 (錦貴洋記者 毎日新聞引用)

 

  シロテナガザル モモの出産

 

長崎県佐世保市九十九島動植物園森きららで、

妊娠するはずの無い雌のシロテナガザルが出産し、

飼育員らに波紋が広がっています。

 

シロテナガザルのモモ10歳が子ザルを出産したのを

園職員が発見したのは、2月10日の朝でした。

 

想定外の出来事に園は混乱しました。

 

妊娠期間とみられる約7ヶ月間、

モモのお腹が大きくなることはなく、

変わった様子もなかったため、

職員らは誰も、モモの妊娠に気づかなかったそうです。

 

モモはこの5~6年間、おりの中で1頭だけで飼育されており、

隣のおりでは、シロテナガザルやフクロウテナガザルなどが

飼育されていました。

       

youtu.be

隣のおりとの境には、金網や板が設置されているのに

なぜ妊娠したのか?

 

園は何度も会議を開いて話合ったが、

原因は判明しなかったようです。

 

園の担当者は

「隣のおりの雄とどこかの隙間で、交尾した可能性が高い」

と推測しています。

 

園は子ザルが乳離れした後に体毛か血液で、

DNA鑑定をして父親を特定とともに、

おりの境界に新たに鉄板状の仕切りを設置する方針です。

 

計画的に繁殖させることが基本の動物園にとって、

予期せぬ妊娠、出産はあり得ない事態のようです。

 

園は再発防止に努めるとしています。

           (錦貴洋記者 毎日新聞引用)

       f:id:gerati:20210311082643j:plain

 

     ゲラチーの奇想天外な推理

 

どうですか皆様、モモはどうやって妊娠したんでしょうね?

 

飼育員の皆様が言われるように、

柵の隙間から交尾したのでしょうか?

 

現場に行ったことのない人間には、

現場のことはよく分かりませんが、そう言われるのなら、

そうなのでしょう・・・

 

でも、飼育員の皆様が何回も会議を開いても、

よく分からなかったようです。

 

隣のおりのオスのテナガザルやフクロウテナガザルの

映像も見ましたが、どうやって隣のおりのオスと接触できるのか

分かりませんでした。

 

そこで、ゲラチーの推理!

ドラマやアニメの場合、練りに練った仕掛けがありますが、

ここは動物園で、主人公はシロテナガザルです。

 

仕掛けなんて出来ません!そこで、こう考えました。

 

        f:id:gerati:20210311082512j:plain

飼育員が知らないところで工作された

 

実は、飼育員の皆様が知らない、夜とかに誰かがカギを開けて、

モモを雄のおりに入れたか、雄をモモのおりに入れた。

 

これしかないと思うんですよね。

皆様はどう推理されましたか?

 

       専門家の意見

 

妊娠について専門家は、樹上性の生き物は出産間際まで

胎児があまり大きく育たないため気づきにくいそうです。

 

専門家によると、物理的に約1cmの隙間があれば、

交尾を行う可能性は十分に考えられると、言われています。

 

モモと同じおりのイトウとの寝室の間には、

直径0.9cmの穴があいた板で仕切られています。

 

繁殖させる意図がなく、1匹で飼われていた動物で、

出産までいたったケースはこれまでなかったそうです。

 

動物園では今後DNA鑑定を行う予定ですが、

鑑定結果は約1年後になるそうです。

    f:id:gerati:20210311182452j:plain

 

      最後に

 

この記事、ゲラチー的にはとても違和感を感じます。

 

予期せぬ妊娠、出産はありえない事態とか、

園は再発防止に努めるとか、まるで事件や事故扱いです。

 

確かに園は、計画的に繁殖をさせないといろいろと

大変な部分があるのだろうと思います。

 

そうは言っても、もう赤ちゃんは生まれてしまった訳ですから、

命の誕生をもう少し祝ってよいのではないかと思います。

 

実際には出来ませんが、モモちゃんに

『モモちゃん頑張って赤ちゃん産んだね』って、

ハグして頭をよしよししてあげたい気分です。

 

『モモちゃん、赤ちゃん可愛いね、頑張って育ててね』って

言ってあげたいです。

 

モモちゃんは、親しいスタッフが獣舎に入っても警戒しませんが、

それ以外の人が入った時には、極端に子供を隠す、

そわそわする行動をするそうです。

 

子供を守ろうとしたり心配する、立派な親心ですね。

 

それにしても、モモちゃんたちのおりは狭い気がします。

もっと、良い環境をあげて欲しいですねえ~・・・

 

5年~6年間、一人ぼっちでおりで生活していたモモちゃんに、

神様は、赤ちゃんをプレゼント

してくださったのでしょう・・・

 

赤ちゃんの名前は「ミラクルちゃん」がいいなぁ~・・・

 

貴重な時間を使って頂きありがとうございました。

 

 

f:id:gerati:20210312083446j:plain